■ヤマサキオサムのBlog - 熊本県合志市から世界を熱狂させる! 

熊本県合志市から世界を熱狂させる! 

カテゴリ : 
アニメ監督ひねもす日記
執筆 : 
ヤマサキオサム 2012-10-14 23:56
我がふるさと熊本で開催される、クリエーター育成プロジェクト『響創塾〜きょうそうじゅく』に、来月(11月3日)の講師としてお招きをいただきました。
■読売新聞 
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20120928-OYT8T00745.htm
■熊本人材ネットワークニュース
http://www.jinzai-brand.com/2012/08/%E3%80%8C%E7%86%8A%E6%9C%AC%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%97%E9%9F%BF%E5%89%B5%E5%A1%BE%E3%80%8D%E3%81%8C%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%81/

熊本は素朴で、豊かで、大らかな土地柄です。

『人と競い合うより、自分の好きな事をトコトン突き詰める事に喜びを感じる』
そんな県民性があるように思います。

『肥後モッコス(頑固者)』と『早稲モン(新物好き)』に言い表されているように愚直に信念を貫き、新しくて楽しそうな事に興味を持ち、自主自立を目指す県民性。

熊本県の蒲島知事は“熊本を日本中で最も幸せを実感できる場所にしたい”と表明され、様々な試みをされています。
皆さんがご存じの所では“くまモン”。
天草市出身の脚本家・小山薫堂氏がプロデュースし今や全国区のあのマスコットキャラクターです。とぼけた表情と愛らしい等身は誰もが笑顔になり、熊本県の試算によるとPR効果は2010年度だけで広告料換算で6億4千万円に上りました。さすが小山氏。くまモンがゆるキャラグランプリ1位に輝いた時は、自分も家族と喜びあいました(笑)。

話はそれましたが、豊かな水と大地を持つ“火の国熊本”が、独自の感性や発想力を生み出すのでしょう。
そんな熊本の次世代を担う若者達に、自分の経験を伝える事で何らかの糧になるのならば……と思っております。

『響創塾』の目指すところは「熊本県在住のままプロとして生計を立てていけるクリエイターの育成」とのこと。いいですねえ。
今、九州が元気です。

***********************************************************

■熊本県合志市から世界を熱狂させる! 育成プロジェクト『響創塾〜きょうそうじゅく』
https://www.kumamoto-kyosojuku.com/


■産経ニュース
熊本県合志市のマンガ・アニメクリエイター育成プロジェクト始動!
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120827/prl12082715280047-n1.htm

〜熊本県合志市から世界を熱狂させる〜
このプロジェクトを立ち上げることになった背景として、「日本各地でマンガ・アニメを活かした観光客誘致の成功事例が生まれている」
「熊本に縁のあるマンガ・アニメクリエイターの方々が数多く活躍されている」等が挙げられます。
「マンガ・アニメ業界で働きたい」と考えている若い世代を支援し、将来的には「このプロジェクトで生まれた作品・キャラクターを熊本県合志市に観光PRに活用していく」
「熊本県在住のままプロとして生計を立てていけるクリエイターの育成」を目指して取り組んでいきます。

〜熊本県出身の有名クリエイターから次世代へ〜
マンガ・アニメ業界の第一線で活躍されている方々を講師としてお招きし、熊本県合志市にある熊本高等専門学校 熊本キャンパス ICT活用学習支援センターで授業を行います。
授業を通して、熊本ではなかなか経験することのできない2つの機会の提供をします。
1.マンガ・アニメ業界で働きたいと考えている方々に対して、「仕事に就くための様々な道・手段を知る」機会の提供
2.マンガ・アニメ業界でクリエイターとして働きたいと考えている方々に対して、「第一線で活躍している方々に自分の作品を見てもらえる」機会の提供

講師陣には、熊本県出身であるアニメーション監督のヤマサキオサム氏やキャラクターデザインの千羽由利子氏、キャラクタービジネスアナリストの陸川和男氏を予定しています。

:::

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.janica.jp/club/modules/director/tb.php/41