■人体デッサン・クロッキー会

『クロッキー会(大阪会場)』(第006回)アフターレポート

 2月15日(土)にグランフロント大阪 南館16F 谷岡学園サテライトオフィス「CURIO CITY」にて行われました、 人体デッサン・クロッキー会の模様です。

ポーズはヌード@10分×2、A7分×3、B5分×4、Cムービング5分、ポーズ1分×2、2分×2、3分×2着衣D5分×4E10分×2の時間割。
モデルを囲まずにモデル台を壁に付け180度の形で始める。
今回は土曜と言う事もあってか6人の参加者で4人が初参加。アニメーターの仕事が予定が立てにくい物なので前回の参加者は今回不参加でしたが初参加でアニメーター1人がありました。今回4人の初参加で参加名が増えて行っているのは良い方向だと思えます。学生参加に関しては神戸芸工大で初参加のアニメーターさんと漫画家さんは制作会社でつながりがあり面識もあるので、参加者同士話をしているのが多く見かけられた印象です。
今回のモデルさんは細身でヌードの後で着衣は好評の声が聞けたので今後も取り入れたいと思います。終わってからの見せ合いでは工藤先生のアドバイスと参加者の意見が今までになく話が飛び交いました。
片づけに参加者の多くが手伝って貰え助かりました。

クロッキー会場の様子



参加者のクロッキー




※アンケートで寄せられた感想(抜粋)

・とても勉強になりました。ありがとうございます。
・着衣がとても練習になったのでまた機会あれば有難いです。
・ヌードの後、着衣でのクロッキーがとても勉強になりました。初めての参加でしたが、とても親切でよかったです。


参加者の内訳;一般(アニメーター、社会人。漫画家、学生)6名