■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第16回)アフターレポート

10月20日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


休憩時間での談笑の様子


 午後3時〜4時 「美術解剖学」講義 骨格模型、筋肉掛け軸図やプリントを使って講義。希望者8名参加
 午後4時〜7時10分「女性ヌード」 モデル使用で20分×7回実施。

 今回の女性モデルさんは、小柄だが均整のとれた身体の、ダンスのポーズが素敵な方で、途中下着等小物を使ったポーズも入れました。

 休憩時間には、知合いになった方同士の談笑も見られる様になりました。

 終了後に、順次この日描いたものを、全員で「見せっこ」。
 その後、希望者9名に講師が講評とアドバイスを行いました。

 初参加の方は2人。リピーター方の描いたものに新しい展開と成果も見られる様になりました。

 全て終了後、三鷹の『STUDIO・t23』の懇親会に数人の方が参加され、いろいろな方との交流も有りました。

 次回は、男性モデルへの要望も多いので、筋肉質の男性ヌードで行います。

※参加者16名中、15名からアンケート回答をいただきました。

感想(抜粋)
色々な人が参加されていていい刺激になる。
同じ椅子座りでも椅子の位置を変えてくれるのはありがたいです。
均整のとれたプロポーション。きれいなポーズですばらしいモデルさんでした。
今回のモデルさんは、一見細身なのに筋肉が格好良くついていてとても参考になった。よかったです。
今回は下着をつけたり、いつもとちがっていてよかった。
今回も楽しかったです。今回は下着と肩のがー?つけてる所も描きました。小さい布があるだけで描くのが難しくなるなんて、まだまだ修行が足りないですね(笑)。全体をすばやくとらえて、画面に美しくおさめて描けるよう精進したいです。
下着姿のクロッキーは、ガイドがあって形がとりやすかったです。今回4回目くらいの参加ですが、本当に参加されている方の進化がいちじるしくて、わたしもがんばろうと思いました。
受講生はアニメーターが多いので、5分や3分が多めでも良いかと思います。1時間に何体人間がかけるかで収入が決まるので、20分1回よりも2分を10回でも練習にはいいかと思います。個人的には前半に短めポーズがあると、エンジンがかかりやすくてやりやすいです。
だんだん回数をこなす事によって、最後にみんなで「見せっこ」をする時のみなさんの絵が、(えんぴつの使い方とか)とても興味深く見るようになってきました。毎月1回でも、続ける事の大切さを実感します。
とっても勉強になります。
ほぼ毎月参加しています。月に1回でもクロッキーをすると、力が落ちないと思うので、開催していただいてありがたいです。
毎月楽しいです。

題材について(抜粋)
色々な体型。
筋肉のわかり易い男性モデル。ポーズのうまい元ダンサーの方など。ふくよかで肉づきの良い女性モデル。
今後も今回と同様、小物を使ったポーズがあると楽しいです。
次回は男性ヌードを描けるようなので、どのくらい女性とちがうのか楽しみにしています。
女子高生制服、男性軍服
男性モデル。
中肉というか体格のいい人(太った人)。中年。日常的なしぐさ。
にわとり
複数人のポーズ。
服をきた人。
2人ペアのクロッキー。
太った人。おじさん。2人ポーズ。
むずかしいかもしれませんが、少し長い時間の固定ポーズなどもやりたいです。


参加者の内訳;正会員1名/無料正会員14名/準会員1名