■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第39回)アフターレポート

11月23日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


 午後3時〜4時 「美術解剖学」講義 骨格模型、筋肉掛け軸図やプリントを使って講義。6名が参加。
 下肢(大腿部と脛部)の筋肉について、大きな捉え方についてお話ししました。

 午後4時〜7時「女性ヌード」 20分×7回で、クロッキー。

 今回の女性モデルさんは、バランスの取れたスタイルの良く方で、ポーズも美しく好評でした。

 今回目に付いたのは、20回以上参加されている方達の画力の安定感が、それぞれの方に有って、更なるアップが予感させられた事です。
 やはり、継続は力なのですね!

 終了後に、順次この日描いたものを「見せっこ」。

 今回は、いつも以上に「講評・アドバイス」を希望される方が多く、11名の方に行いました

 今月も、若干予約が少なかったのですが、キャンセルが少なく、結果的にはいつもと同じくらいの参加者でした。

※参加者14名中、14名からアンケート回答をいただきました。

感想(抜粋)
・もう少し動きのあるポーズが欲しかったです。
・今回のモデルさん、良かったです!
・勉強になりました!
・魅力的なモデルさんだったので描きがいがありました。
・大まかなところはとらえられてきたと思うので、細部や顔、指先、足先など細かいところ、かきこんでいけるようになりたい。新しい課題が見つかりました。
・惨敗でした。
・楽しかったです。
・今日のモデルさんはポーズをキープしつづけてて良かったです。
・ふくらはぎとか筋肉がしっかりしたモデルさんだったので、骨と肉の付き方がとても勉強になりました。
・途中からでしたが楽しかったです。今回はモデルさんがポーズを色々アクティブにとってくださったので、難しいながら描きがいがありました。もっと素早くモデルさんをとらえて描けるよう精進したいです。メールの着信音OFFにされていない方がいてかなり気になりました。モデルさんも気にされてたので、注意して頂きたいです。
・寝ポーズがやっぱりかきにくかった。
・よかったです。いつもおせわになっています。

題材について(抜粋)
・着物、男性、女性問わず。ふりそでの部分がめっちゃ描くの難しいので。
・女性。学生服(ブレザー)
・女性ヌードクロッキー。
・肉つきのいい人。
・みこさん。
・スーツ参加できなかったのでまたお願いします。
・女性ヌード。
・太った人。
・いろいろな年代の男女ヌード。
・女性男性ヌードモデル。コスプレは巫女さん。
・着物、マント。


参加者の内訳;無料正会員12名、正会員1名、一般1名