■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第70回)アフターレポート

3月6日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


 午後3時〜4時 「美術解剖学」講義 骨格模型、筋肉掛け軸図やプリントを使って学習。6名が参加。
 「人体の筋肉 上肢 -T 上腕」についてでした。

 午後4時〜10時「女性コスチューム」 20分×7回。

 今回のモデルさんは、ヌードでお願いしたこともある、舞台女優さんでした。
 スカートやスラックス等、日常的な恰好で四パターン程を用意してもらいました。

 仕事に生かせる等の反応があり、これから時々取り入れて行くと良いかと思います。

 終了後に、順次この日描いたものを「見せっこ」。

 「講評・アドバイス」を希望された方は、9名でした。

 今回は18名と大勢で、一般の新しい方も数名参加されて、活気のある例会になりました。


参加者の内訳;無料正会員10名、賛助会員2名、一般6名