■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第75回)アフターレポート

5月22日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


 午後6時〜10時「男女ヌードWポーズクロッキー会」 20分×7回。

 今回は、会場が夜しか取れず、時間の関係で「美術解剖学講座」は無しで、希望の多かったモデルさん二人でのWポーズとしました。

 今回のモデルさんは、ダンサーの男女のモデルさんでした。
 息の有った組ポーズで、難しく感じた方も居た様ですが、楽しんでもらえた様です。

 初参加の、普段デジタル作画をされている方は、大きく描けるのが楽しいと言っておられました。

 男女の身体の違い等、じっくり観察して描き分けられる様になると、もっともっと楽しくなると思います。

 終了後に、順次この日描いたものを「見せっこ」。

 「講評・アドバイス」を希望された方は、12名でした。

 今回も会員だけで募集定員に達し、キャンセルも少なく熱心な例会となりました。


参加者の内訳;無料正会員12名、賛助会員2名、準会員2名