■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第116回)アフターレポート

2月4日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


・午後3時〜「美術解剖学講座」12名参加。
 以前描いたものとは違う、「男性筋肉全身像(石膏)」をデッサンする。
 男性・女性の筋肉説明資料も配布。

・午後4時〜「 女性ヌード固定ポーズデッサン」
 20分間×7回で行いました。

 今回のモデルさんは、先月お願いしたダンスを教えている方で、とても綺麗な身体の方でした。
 最初に立ちポーズ(10分)を二種類ポーズしてもらい、参加者の挙手で一つ決めました。
 その後、20分×6回の固定ポーズで、一枚の紙にジックリ描く人、移動しながら角度を変えて何枚か描く人と、様々でした。

 終了後の「見せっこ」には15名が参加。

 その後の「講評・アドバイス」希望者は、10名。

 固定ポーズのデッサンは初めての取り組みでしたが、ジックリ描けてよかったという意見が多く、今後も三ヶ月に一度くらいで継続していけたらと思います。
 当日キャンセルも無く、一般参加の方にも喜んで貰えました。


参加者の内訳;無料正会員11名、賛助会員1名、一般4名