■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第120回)アフターレポート

4月1日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


・午後3時〜「美術解剖学講座」12名参加。
 「人体の筋肉-体幹-1(背中)」筋肉説明資料配布、骨格模型デッサン講義。

・午後4時〜「男性ヌード 固定ポーズ デッサン」
 20分間×7回で行いました。
 最初に10分ポーズ2回で二種類のポーズでクロッキー。
 残り20分×6回は、固定ポーズ。

 今回のモデルさんは、以前一度お願いしたことのあるモデルさんで、筋肉を鍛えている若者でした。
 腹筋なども見事に割れていて、描き応えが有った様です。

 長い時間でのデッサンは、二度目ですがじっくり観て描けるので、希望する方が多いので、三ヶ月に一度くらいはやって行こうと思います。

 終了後の「見せっこ」には14名が参加。

 その後の「講評・アドバイス」希望者は、10名でした。

 今回は、会員の応募では埋まらず、一般の方の参加もあり通常の定例会となりました。


参加者の内訳;無料正会員11名、賛助会員1名、一般3名