■人体デッサン・クロッキー会

『人体デッサン・クロッキー会』(第160回)アフターレポート

12月1日(日)に武蔵野市民会館にて行われました、人体デッサン・クロッキー会の模様です。


参加者のクロッキー


・午後3時〜「美術解剖学講座 人体の骨格- (下肢-2)」13名参加。
 人体骨格模型、資料プリントを参考に、スケッチを行い、下肢帯の骨格について講義。

・午後4時〜「男性ヌードクロッキー会」
 今回の男性モデルさんは、ボディービルダーの若者で、以前「美術解剖学講座」等で何度かお願いした事のある方でした。

 しっかり鍛えた身体で筋肉もしっかり分かりやすく付いていて、ボディービルのポーズ等も取り入れてくれました。

 今回はストップモーションポーズやムーヴィングポーズを行わず、筋肉をしっかり追える様にしました。

 終了後の「見せっこ」には、14名が参加。

 「講評・アドバイス」希望者は、11名でした。

 今回も、一般の方の参加が半数の7人でした。
 年末みむけて、アニメーターの方は忙しいのだろうと思います。
 体を壊したりせず、風邪にもご注意下さい!


参加者の内訳;無料正会員6名、賛助会員2名、一般7名