■レイアウトのためのカメラ講座

「レイアウトのためのカメラ講座」開催のお知らせ

 レイアウト講座を要望する声に応え、JAniCAでは主に新人原画の方に向けて 「レイアウトの歴史講座」『レイアウトのためのカメラ講座(2月)』 『レイアウトのパース講座(3月)』を連続して開講いたします。
 各講座は独立した内容のため、それぞれ単独での受講もOKですが、 連続して受講いただくと、よりレイアウトに関する理解が深まるのではと思います。

 『レイアウト講座』としていくつも講座を開くのには理由があります。 私達の「アニメのレイアウト」には、残念ながら客観的に統一された技術論が、 今のところありません。また、時代や作品によってレイアウトの傾向も変わります。 『アニメのレイアウト技術』と、一括りにするのは大変困難です。
 しかしアニメ以外の技術論として取り上げ得るのが、「カメラ(レンズ)」の知識と 「パース(透視図法)」の知識です。これらは、アニメ以外の世界で既に構築された技術ですが、 現在のアニメのレイアウトにとって重要な知識です。

 今回告知するのは、その「カメラ(レンズ)の知識」を学ぶ 『レイアウトのためのカメラ講座』です。
 JAniCAが平成22年〜25年に文化庁より受託した「若手アニメーター人材育成事業」にて、 座学の一環として開講した「カメラ講座」は、その後の追跡調査においても効果が認められましたが、 事業の性質上、限定的な講座であり、 外部の方からの受講の要望に応えることができませんでした。 しかし、今回JAniCAではその要望に応え、「レイアウトのためのカメラ講座」を実施します。
 レイアウトのため、カメラ(レンズ)の知識を学びたい方は、ぜひ御参加下さい。

開催日時 2015年2月18日(水)
 午前 10:00〜12:00
 午後 13:30〜15:30
 ※午前・午後の計2回実施
場所 EOS学園 東京校
 東京都中央区銀座6丁目14番5号
 ギンザTS・サンケイビル8階
 http://cweb.canon.jp/eos-school/tokyo/access/index.html
講師 EOS学園インストラクター
講義内容 各回2時間(120分)
・一眼レフカメラの基本的な使い方
・レンズによる画角の変化
・背景の写りこみの変化
・パースペクティブの有効活用
アニメーター向けに特化した講座内容を予定しています。
※カメラは教室にて用意しますので持参不要です。
受講料
会員種別 受講料
JAniCA有料会員
(正、業界、準、賛助)
1,000円
JAniCA無料正会員 2,000円
一般 3,000円
参加資格 JAniCA会員、アニメーター等 ※JAniCA会員から先に募集開始いたします。
募集人数 各回定員20名(合計40名)
申込方法 こちらの「登録フォーム」より申込みをお願いいたします。
担当者 笹木信作 (JAniCA理事) (postmaster@janica.jp)
その他 本講座に連動し「レイアウトの歴史講座」と「レイアウトのパース講座」の開講を予定しております。

(02月23日更新)
 アフターレポートはこちら。