■アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)

「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)」
『ペーパーレス作画の現状と未来予測』
開催のお知らせ

 アニメーション制作現場の、特に今まで手つかずであった作画部門のデジタル化が、 個別分散的ではありますが確実に始まっています。 我々が慣れ親しんできた紙と鉛筆によるアニメーション作画は、 今後どのように変化するのでしょうか? このような興味・関心の高まりに対応し、JAniCAでは、 株式会社ワコム株式会社セルシスと共同にて、 「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム」(以下、"本フォーラム")を開催いたします。
 本フォーラムでは、すでにペーパーレスで作画に取り組んでいるアニメーターや制作プロダクションと ツールを提供するメーカーに登壇いただき、業界の未来を探ります。

 作画はペーパーレスになるのか?  紙と鉛筆で続いていくのか?  デジタル化によって得られるものは何か?  紙と鉛筆の優位性は何なのか?  失われるものは何なのか?  その経営的判断は?  ペーパーレス作画の知識はどうやって習得するのか?

 現場クリエイターはもちろん、多くの業界関係者にお集まりいただき、 制作現場のデジタル化の現状を共にしっかりと見極めましょう。

「趣意書」(pdf形式)はこちらからダウンロードください。

(12/15更新) (01/09更新) (01/27追加)
「寄せられた質問」はこちらをご覧ください。

(02/14追加)
JAniCA「アニメーター・演出のためのデジタルツール勉強会」(第1回)
ワーキンググループ アフターレポート (pdf形式)

開催日 平成27年2月14日(土曜日)
内容(予定) 12:00〜12:30 受付
12:30〜12:40 イントロダクション
12:45〜15:15 各社事例紹介(旭プロ、神風動画、りょーちも氏等)
15:25〜17:25 メーカープレゼン(セルシスTVPaintToonBoomCACANi)
17:35〜18:35 シンポジウム『ペーパーレス作画の現状と未来予測』
19:00〜21:00 交流会(希望者のみ)
 ※13〜18時に別室にて各メーカーの体験ルーム、展示ルームを用意いたします。
 ※なお内容につきましては、予告なく変更させていただく場合がございます。
定員 (01/16更新) 申込み多数のため、定員を拡大しました。
200名→250名
参加料 無料
 ※ただし、フォーラム後の交流会は実費(3,000円を予定)を頂戴します。
参加資格 商業アニメーション制作の従事者、制作会社等
 ※JAniCA会員/非会員を問わずお申し込みいただけます。
 ※お申し込みは実制作に関わる方に限定させていただきます。
申込方法 (01/23更新)
満席のため募集を終了しました
こちらの「登録フォーム」より申込みをお願いいたします。

(02/03更新)
「交流会」(19時〜)のみとなりますが参加希望の方は下記の申込みフォームからお申し込みください。
(02/06更新)
募集を終了しました
「交流会 申込みフォーム」
場所 日本工学院専門学校 蒲田キャンパス 3号館 10階ホール
 東京都大田区西蒲田5-23-22
 JR京浜東北線、東急池上線、東急多摩川線「蒲田駅」 蒲田駅西口より徒歩2分
 http://www.neec.ac.jp/access/
お問い合わせ 主催:ACTF事務局 (JAniCA株式会社ワコム株式会社セルシス)
共催:文部科学省アニメ・マンガ人材養成産官学連携コンソーシアム アニメ職域プロジェクト
    (主幹事校:日本工学院専門学校)
後援:一般財団法人 デジタルコンテンツ協会
    CG-ARTS協会(公益財団法人 画像情報教育振興協会)
協力:アニメ・ビジネス・フォーラム+(プラス) 2015 (デジタルハリウッド大学 国際アニメ研究所)
    一般社団法人 日本動画協会
E-mail:postmaster@janica.jp
メールでのお問い合わせの際には、件名の最初に"[ACTF]"とご記載ください。

(03月03日更新)
 アフターレポートはこちら。